夢奏庵ブログ

牛島通信【2015年12月5日号】

私が神戸の宿泊セミナーでお世話になっている「としえごはん」が紹介された記事を見つけたので配信します。

今日は、垂水の家の近くの「通照院」というお寺の住職の奥様、としえさんが開催している「ベジクッキング教室」に行ってきました。

通照院住職の奥様

写真が、本日作った、体に良いものだけで作った、手作りラーメン・手作り餃子・シャキシャキサラダ・果物のコンポートです!
手作りラーメン・手作り餃子・シャキシャキサラダ・果物のコンポート

作り方、材料を聞いてたら・・・めちゃくちゃ簡単。しかも体によくて、ちゃんとラーメンの味がして、めちゃくちゃ、おいしい! しかも、外食で食べるラーメンは、美味しいけれど、後で喉が渇きませんか? 本日、教えて頂いたラーメンは、全然、喉が渇かなかったのです。

餃子なんて、ミンチ入れてないんです。レンコンやニラで餃子を作りました。けれど、これも、また、すごく美味しいの!

としえさんは住職の奥様。お話を伺うと、とても、「ふか~い」んです。

としえさんは、肉と魚を食べないのですが、お寺の宗教上の理由で、そうされているのかなあ、住職の奥様だもんなぁ~と思っていました。けれど、今日、お話を伺うと、宗教上の理由ではないとのこと。

「牛が死ぬとき、トラックに乗せられる時、自分が殺されるのを察知して、涙を流すの知ってる?トラックに乗せられる時、とても嫌がって抵抗するの。そりゃそうだと思わない?動物だって生きてるの。人殺しはダメなのに、動物は殺してもいいっておかしくない?」


「牛は、殺されるのを察知して、ものすごいストレスが発生した状態で、体中に活性酸素がまわった状態で死ぬの。私たちが食べている牛肉には、活性酸素がたくさん詰まっているの。その活性酸素がまわった肉を食べると、私たちにも良くないの。牛を育てる為に、大量の飼料が使われているの。牛を育てる大量の肥料が要らなくなると、それだけで、食料が世界中の人たちにまわって、飢えが無くなって、たくさんの人が救われるの。」


「だから私は、肉と魚を食べなくても、美味しいものは食べられるのを実証するために、ベジクッキング(肉と魚を使用しない料理)を提唱しているの。」

と、としえさんのお話は続きました・・・。


としえさんのお話、心に響きました。とにかく、とっても美味しかったし、私はこれから「ベジクッキング教室」に通います。私も、肉と魚を極力買わないでおこうと思いました。


明日からは、料理を頑張ります。


一人一人が、食べ物の意識を変えることが大切ですね。

ページの先頭へ戻る

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブス