夢奏庵ブログ

2004年10月25日 月曜日

昨日の続きを。まったく、いい男の話になると、いくらでも話せちゃう私って、いったいなんなの・・・と我ながらあきれてしまうわ・・・まっいいか・・・。
 
今日はジョニー・デップ。彼のことではなく、彼の出演した映画の話を。私の今まで見た映画で大好きな作品を挙げてごらん、といわれれば、迷わず「ドンファン」と答える。ジョニー・デップ、マーロン・ブランドの共演で、制作はあのフランシス・コッポラが手掛けている。1995年に劇場公開されているが、ほとんど話題にはならず、ジョニー・デップの出演作品にもあがらないくらいマイナーな作品だ。でも、この映画、ほーんとにステキなんだな。
話の内容は、現代のニューヨークにドンファン(ジョニー・デップ)と名乗る男が飛び降り自殺を計ろうとし、引退直前の精神科医ジャック(マーロン・ブランド)に引き取られる。ところが、ジャックをはじめ、彼とかかわる人々は、皆恋心を甦らせ、夢を追いかけ始める。この”現代のドンファン”が語るロマンチックな愛と冒険の物語は、果たして真実か、妄想か?
この映画を見終わると、「本当は私は誰なんだろう」と思ってしまう。ジョニー・デップ扮するドンファンの言っていることが嘘か本当か、そんなことどうでもいいことで、彼の話している物語の真髄を見抜かなくてはいけない。「で、結局、彼の話は本当だったの?嘘だったの?」ということを知りたい人にとっては、この映画は本当につまらないものだ。この映画で私が感じたことは、人は必ず自分の生きたいように生きていけるんだということ、自分のものの見方で起こってくる事象は変わるということ、そして誰でも自分次第でステキな世界に住むことができるということ、等等。最後のシーンで精神科医ジャックがドンファンに向かって「友よ、君は・・・私の仮面の下を見抜いた」と言うこの部分にこの映画の真理が隠されているような気がする。興味のある方は、是非一度見てみて。
この映画のワンシーンのドンファンのせりふの一部を書き留めて今日は終わろう。
 
   「人生で大切な問題は4つしかない。
    神聖とは何か?
    魂とは何か?
    命の意味とは何か?
    死の意味とは何か?
    答えはすべて同じ
    "愛”だ。(Only love)」

ページの先頭へ戻る

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブス