ボイスレッスン

  • HOME
  • >
  • よくあるご質問

FAQ

Q:今まで歌のレッスンなどはしてきていません。特に歌をうまくなりたいというわけではないですが?

A:「普段の声」も「歌う声」も別々ではありません。もちろん歌よりもただ声を、という方は「歌」を使っていると思っ下さい。私たちは人の声も聞きながら歌うことができます、そしてそこからハーモニーが始まります。その共鳴の中での変化していくのはとても自然です。体験してみて下さい。

Q:こんなに長い時間ずっと声を 出しているのですか?

A:いいえ、トレーニング中ずっと声をだしているわけではありません、大丈夫です。「声」はあなたの身体という器(楽器かな?)を通して出てきます。ですから、体をほぐしたり、声帯をリラックスさせたりまずは器・楽器(身体)がとても大切なのです。体をほぐしながらも「声」を出していきます。また呼吸が大切なことは誰しも思うでしょうが、深く呼吸するだけでなく、楽に呼吸をするというのも身体にとっても、また響く声を出していくためにもとても大切です。楽な呼吸や、息が詰まらず流れていることを実体験する方も多いでしょう。

Q:大きい声が出せないのですが、大丈夫ですか?

A:私たちは小さい頃から「大きな声ではっきりと」と言われて育っていますが、美しく響く声というのは、大きい声ではなく「通った声」と言えます。大きな声ばかりを出していると、繊細な声が出にくくなりますし、声帯にもストレスがかかり、体にとってはやさしくありません。大切なのは音量ではありません。

Q:一人一人歌わせて、指導していくのですか?

A:いいえ、歌うときにはおそらく全員で行うと思います。ただしトレーニングは、毎回同じではありません。会場の環境を利用したり、参加者の様子を見ながらどんなふうに進行するかは、その時に決まっていく感じです。もしも一人で歌わせることがあるとしたら,それは批評をするためではありません。あなたの表現を分かち合うためです。どうしても自分の声に着目してほしいという方は個人トレーニングの受講を、お勧めします。

Q:「声」に全部表れているというと、声以外についてもワークするのですか?

A:声以外についてワークするパートは、その時のグループの状態によりけりです。何かワークをするときには、できるだけ頭を脇に置いて、楽しみながら行うように心がけています。(それが一番イヤだという人もいますけど... )ただ一人一人にどんな考え方をしていますかとか、そういうことは聞きません。私自身が変化していったいきさつを話したり(自慢話だと思う人もいますが)、楽になるための3つのポイントを話したりはします。

Q:人と一緒にいると緊張します、会場で楽しくないのに楽しそうに歌うのはちょっと正直いって、できないのではと思っています

A:すべての歌の内容が楽しいというわではないですよね。特に演歌はね、楽しいのもありますが、そうでない(ド演歌)を好きで歌っている人、結構いますよね。緊張していたら、そこから始めてみましょう。場合によってはリラックスした時にそれまで緊張していたことに気づいたり、体がゆるみ始めたときに微妙なこりに気づいたりもします。しばらく時間がたったときに「あっ、私、楽しんでいる」ということを感じる方もいます。特に最近のトレーニングでは自作のワークソングというもので緊張をほぐしたり、歌う瞑想のようなかたちを取り入れてもいます。

レッスンのお申し込み・お問い合わせはこちら

ボイストレーナー牛島正人

音楽プロデューサーとして…

シンガーソングライター活動