夢奏庵ブログ

  • HOME
  • >
  • 牛島通信
  • >
  • さぁ、行こう!牛島正人と神秘の地 バリへ

さぁ、行こう!牛島正人と神秘の地 バリへ

さぁ、行こう!

牛島正人と神秘の地 バリへ

女神性を育むワークショップ★★

「宇宙を超えた光の身体を持つ存在」として生きるために、

 

ハワイ島に続く第二弾!

日程

2019年5/2-5/6  4泊5日

¥105,000〈宿泊費、レッスン代、食事含む、飛行機代含まず〉

参照 飛行機代金

AIR ASIA¥54,810〜〈往復〉

神々が棲むと言われる神秘的な島インドネシアBali

 

その島は、80パーセントの人々が農業を営んでいます

お米を主食とし、

田植えから収穫までの過程を   「人間の生命誕生」    と同じように捉え、  実りを育む大地を女性に例え、  その大地を耕し苗を植えるのは男性の仕事。そして、

最後の収穫、稲刈り、脱穀は、

女性の仕事。となります

この島の人々は、陰陽のバランスを大切にし、ありとあらゆる生き物と自然との調和を重んじます

 

4,600の寺院が存在し、およそ100年前にインドのジャワから流れてきた人々がヒンドゥー教を広めカースト制度がこの地に築かれましたが、インドのような厳しい階級制度はなく、バリ独特のものが存在します

そして、

この島の人々は、階級や消費より、「心の豊かさ、神とのつながり、人々とのつながり、自分とのつながり」を大切にします

 

そんなバリの中に、

未だ本来の原住民族が、

本来の思想を大切にしながら、

営みを育んでいる村があります

その村では、

「すべてのあらゆるものが平等である」といいます

 

バリの人々の人柄は、

人懐っこい反面、恥ずかしがり屋であり、自分を謙遜し、謙虚深く、あるがまま自然の成りゆきに任せる。そんな傾向があるといわれます

 

私たち日本人は、

多数の宗教を持ちながら、

無宗教であり、ランキングや格付け、競争、特別さが、とても大好きな大好きな人種となってしまいました。

 

そんな私たちが、

バリ島の自然の中に入り、

本来の私達を素敵を取り戻すため、条件付けの愛から無条件の愛へ、地球の持つ生命のエネルギーを受け入れ、昇華し、女性性と男性性のバランスを統合します

 

そして、

宇宙を超えた多次元の光の身体を持つ本来の存在として生きるため、宇宙と繋がるため、

もっと  自分と繋がり、

もっと  自分を信頼し、

自分の人生の脚本を全く思いっきり素晴らしいものに書き換えてみませんか?

※ わからないことがありましたら、下記まで、お問い合わせください

ミラクルワーカー 中村はつえ080-3505-2509

aaaangelh@ezweb.ne.jp

ページの先頭へ戻る

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

月別アーカイブス