夢奏庵ブログ

眠れぬ夜のひとりごと

HPがリニューアルされて、気持ちも新たにスタート!
で、この「眠れぬ夜のひとりごと」を書き始めて3年目になるけれど、今年のはじめ、私の管理不行き届きで、NO1からNO10までが消えてしまった。まっいいか・・・と思いながらも、自分なりにけっこうショックだったようで、自分のいいかげんさやだらしなさを深く反省・・・。これからは「因果応報ザマーミロ!安心楽チン好きにやろ!(牛島正人作詞)」の精神でまた1からスタートだ!!!
そんな訳で、この日記のタイトルになっている「眠れぬ夜のひとりごと」を、もう一度書こうと思う。

  「眠れぬ夜のひとりごと」     牛島正人作詞・作曲

        本当は何も残らない
        その場限りで消えてゆく
        恋も夢も思い出も
        心の中のつくりごと

        本当は何も目に見えない
        まぶたの裏の蜃気楼
        この暗闇もこの涙も
        青い空も夕焼けも

        ひとりぼっちが寂しくて
        この暗闇が怖いから

        ララララ・・・・・・ 
        眠れぬ夜のひとりごと

 人は皆、自分に都合のいいように、物事を見、解釈している。ひとつの事象について、見え方や感じ方は、きっと一人一人違うはずだ。また、時間は一瞬一瞬のつながりで、決して絶対なるものではない。人間が、記憶力と言語を持ち合わせるから、時間の流れを認識している。だとすると、すべてはつくりごとなのかも・・・。だって、私たちは起こったことを、記憶し、学習し、次の行動を起こしていく。過去の経験の解釈の積み重ねで、今の自分はできあがっている。そう、解釈。この解釈こそが、まさにつくりごとの最たるもの。長い歴史の中でそうプログラムされてしまったんだろうけれど、私たちは悲しいことに、解釈する時、安心感や幸せよりも、心配や恐怖心を優先させてしまう。でも、私は、そんな人間の悲しい性を勇気をもって乗り越え、「ひとりぼっちが寂しくて、この暗闇がこわいから」を受け止めながらも、寂しさや恐怖にのみこまれないように、すてきなつくりごとのなかで生きて行きたい、と、切に思う。
神様、自分を信じる勇気をください・・・

1

ページの先頭へ戻る

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブス